『Heart Lab』 始動

『Heart Lab』

 

 

今年ぐらいからぼんやりと頭の中に浮かんできたこのフレーズ。

一体どこまでを形にし、どこまでが実現可能なのか…。

 

「あなたに優しい心理学」は、こういう動きを必要としている方々がいるという確信と共に、毎回皆さんに色んなことを気づかされながら、心地よきスタイルが形成されつつあります。

 

万人目当てではなく、陰ながら苦しんでいる方々が楽になれる糸口になればと考えて、実際どんな方が私のこの活動に目を向けるのだろうということを知るために、去年の7月に第一回を開催。すると、とても意識の高い皆さんが集まってこられました。これまで社会での人間関係や家族関係ばかりに気を取られていた自分が、自分の真の意味での心の通いあう人との関係を知ることができた大切な瞬間となりました。

 

今年2018の講座では、カウンセリングのルールにははまらず、まずは思いつくままに。

席の配置にも気を配ってみたりしました。

 

いざ講座が始まり、少し遠慮がちに参加の動機などを伺ってみると、堰を切ったように、その場の全員が講座に参加した思いを打ち明けてくださいました。ここでなら話せると願い、沈痛な思いをそっと抱えお越しくださったのだと、胸が詰まるほど感慨深いものがありました。心の傷を開示してくださり、本当に嬉しく思います。

 

お一人づつお話を聴いて、そのことについて他の皆さんの感じたことや、そのことで自分も実はそうであった過去の話など、どんどん深まっていき、あっという間に時間が経過し、工夫した席の配置も慌てて皆さんと一緒に元に戻し…。なので、その次の回では、ギリギリまでお話できる様に席はそのまま、「一番気楽なところにおかけください。」とだけ促してみました。すると、面白いことに、自然と円を描く様な掛け方をなさったんです。心理学的にスティンザー効果といって、斜めや横掛けが、気の置ける配置と言われていますが、自ずと皆さんがその様に座られたのには驚きました。こういったところからも、この講座への皆さんのイメージが伝わってきました。

そんな皆さんと出会えたことの大切さと、思いの深さが心に沁みいり、今度はここから新たに何かを始めていかなければと思い始めました。様々な場所や環境でどうにかしたい思いを抱えている皆さん。それぞれの優しく熱い心を形にしなければ…。みんながいっぱい笑えて、ほっとできる場を作ってみよう…。

 

「誰もが、心地よい方向に進んでいける社会になってほしい。」ある参加者の方の言葉です。そんな皆さんの優しい気持ちを発信する場を新たに作り出す…これは本当にそうしてみたくなりました。

 

子供たちからご年輩の方まで生きる力を認め合い、音楽やお芝居にお笑い…異業種的エンパワメントもあふれる時空間の実現を夢見て、今日から何かしらやってみます。これからもどうぞお付き合いください。

1